肝臓がんの名医探し

ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がんの名医・権威探しは一筋縄ではいきません。
そう簡単に見つかってしまっては、そこに患者が殺到してしまうことでしょう。

民間企業と違い、医療には法的な制約もありますが、名医や権威となれば診察代・治療費も高額になりがちです。
そこまでするほどの病状かどうかという判断のためにも、かかりつけの医師がいれば相談してみるといいでしょう。

これは肝臓がんに限った話ではありませんが、名医や権威というわけではない医師でも、素人よりは知識や経験を積んでいます。
まずはかかりつけの町医者に相談して、自分の病状の進行具合を確認し、必要に応じて大病院に行ったり、深刻な状況なら肝臓がんの名医や権威を探すというのが懸命な姿勢です。

まだ初期の段階で運良く発見することができて簡単に治療が出来るのに、わざわざ高額な医療費を支払って高度医療や最先端治療を受けるというのも無駄な話です。
健康は失ってみて初めてそのありがたみがわかるものだけに、動揺する気持ちはあるでしょうが、やはり冷静さを失って得することはありません。まずは落ち着いて対応することです。

肝臓がんは不治の病ではありません。名医や権威を探し、延命をしたり、場合によっては克服することだって可能なケースもあります。
絶望しても体に悪影響を及ぼすだけです。それよりも病状把握から第一歩を踏み出しましょう。

たっぷりと情報を仕入れることができれば、無防備な患者よりも健康に暮らせる可能性は高まります。
肝臓がんの名医は知識・経験に長けているため、標準的な医師では手の施しようのない病状でも、進行を緩めたり、手術により一命を取り留めることができる場合があります。
ただし、放っておいてもそういった肝臓がんの名医に出会えるというものではありません。
自分の病院では処置できないとしても、紹介をしてくれるシステムが確立している病院ばかりではありません。

大学病院などの大病院を紹介してもらえることもありますが、治療設備が整っているだけで、肝臓がんの名医まで揃っているとは限らないのです。
どの病気についても万全の用意を備えている病院は存在しません。
それぞれ得意分野、不得意分野があります。
その知識がなくては、大して技術力のない医療機関に命を預けることになりかねません。

もちは餅屋と言いますが、病気は病院という大雑把なくくりでは足りないのです。
自分の病気にとってどこが最適化という考え方をする必要があります。
その意味では、肝臓がんの名医ランキングというものがあれば、患者の立場としてはとても助かるわけですが、そういった制度が確立されていないというのが現状です。

医療システムが需要に追いついていない以上、あとは患者が個人の力で必要な情報を得るしかありません。
それは労力として決して小さなものではありませんが、大切な身体のためです。
いざ末期になって後悔しないために、今のうちに出来る限りの手を尽くして肝臓がんの名医を探しておく必要があります。

ただ医師免許を持っているだけの医者と、知識と経験を積み、長年腕を磨いてきた肝臓がんの名医とではレベルの差は明白です。
体という換えの効かない唯一の財産を守るなら、誰でも後者を選ぶことでしょう。
しかし、いざ現実問題となると、流れのままに近所の病院に行き、そこや紹介された大病院に治療を任せてしまうのです。

その病院に偶然肝臓がんの名医がいてくれれば問題はありません。
しかし、そう都合のよいことばかりではありません。
まさにそこが問題なのです。

自分の人生は自ら切り開いていくものです。
それは人生を終わりに近づいていっても同じこと。
最期まで諦めずに精一杯生きましょう。


ガン治療に最も効果的な食事法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55604952

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。