肝臓がん闘病記

ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん闘病記というのは、患者の数だけあるものです。
それまでどんな人生を送ってきたにしろ、いざ病気の告知を受ければ動揺するものです。
必死に生きてきた人でも、惰性に流されて毎日の生活を送っていても、いずれは死というものと向き合わなければなりません。

そのきっかけとなるのが、肝臓がんの闘病記です。
本当なら、経験しないで生涯を終えることができたらそれがベストです。
しかし、長く生きていれば病気にかかるのは当然のことです。
風邪のように軽いものもあれば、命に関わる深刻な病気もあります。

どうしたって心穏やかというわけにはいきません。
それでも避けて通ることのできない道である以上、正面から向き合うしかありません。
肝臓がんの闘病記の持つ意味としては、それを読んだ者を勇気付けるという効果があります。

自分と同じ病気を持つ人がどんな風に病気と向き合い、治療してきたか、名医と出会ったかという情報は、実際的な意味での参考になるだけではなく、心理的にも寄与するものです。
告知とともにひどい孤独感にさいなまれたりすることはありがちなことです。
しかし、肝臓がんの闘病記を読むことで、自分以外のにも同じように悩んでいる人がいることを知れば勇気が湧いてきます。

治療は体に対して行うだけでは足りません。
人間の体と心はつながっています。
ストレスにより胃に穴があいたりすることは有名な話です。
肝臓がんの闘病記により、孤独感を薄めることができれば、その安心感が身体にもいい影響を与えることにつながります。

深刻な病気の告知を受けると、視野が狭くなって周りが見えなくなりがちです。
医師のアドバイスにより改善されるということもありますが、何より自分と同じ肝臓がん患者の闘病記に勝るものはありません。
特別なことではなく、あくまで人生の中で遭遇する1つの事象として捉えることで、精神的な安らぎを得ることが出来ます。
それが身体にフィードバックされ、精神と肉体の望ましいサイクルを形成することができるのです。

名医に出会ってそれまでの肝臓がんの闘病記が変わったという人もいますし、治療せずに放置していたことを後悔する人もいます。
それを記録した人の数だけ、経験も存在するのです。

予想外かもしれませんが、案外告知後の選択というのは不合理なものです。
それは非日常という特別な空間に予期せずわが身を置く運命となった人間の宿命なのかもしれません。
肝臓がんの闘病記を読んでいると、そのことがよくわかるはずです。

誰もがすぐに名医を求め、自らの病気と真っ向から向き合ってきたのではないということが明確に理解できるでしょう。
普段はいくら冷静に振舞っていても、いざという時になると、そう合理的にはいかないのが人間の宿命です。
吊り橋を渡るとき、落ち着いていれば余裕で渡れるはずでも、恐怖心が邪魔をして足が震えてしまうのとどうように、重病によりプレッシャーに負けてしまうということもあるのです。

肝臓がんの闘病記を読み、それが少しでも合理的な判断ができるようになれば、大きな収穫です。
なにしろ、一世一代の大ピンチと言っても過言ではないのですから、考えられるすべての手を尽くしてもいいのではないでしょうか。
これ以上先がないか、それともまだ生きることができるかという最終局面において、余裕を見せる必要などはありません。

最善を尽くすことが格好欲などないことは、肝臓がんの闘病記を読んでいれば簡単に理解できるはずです。
それがはばかられるのは現代社会の闇と呼べるのかもしれません。
もっとオープンになってもいいのです。

自分の病気を会社や近隣でも告白できるようになっていてもいいはずではないでしょうか。
気取っている場合でもなければ、体裁を整えているような状況でもないのです。
肝臓がんの闘病記を呼んでいて、それがみっともない行為ではないことがわかるはずです。

がむしゃらになることなど、大人になってからは隠してきたり、仕事中に必要以上にアピールしたりと妙に屈折した方法で表現してきた方も少なくないでしょう。
しかし、危機的状況に置かれて死に物狂いになることは生物としての本能です。
肝臓がんの闘病記にそれを教えられたとしたら、それだけでも十分だと思います。
患者に気力を持たせることは、たとえ名医でも難しいことです。
それを果たしたということは高く評価できます。

ネット上でも肝臓がんの闘病記は多く公開されています。
もちろん、本でもエッセイなどで出版されていますし、テレビで特番が組まれることもあります。
そういったものを目にする機会があれば、同じ病気を持つ者としては心強くなることは十分にありえます。

ひとかけらの勇気が生きる希望になることもあることは、喉頭臓がんの闘病記を読めば理解できるはずです。
そこには人間のこの上なく切実な願いを伴っているからです。
見せ掛けのものでもなければ、取り繕ったものでもなく、正真正銘全力で人生を駆け抜けた者のきらめきが見られるはずです。

フィクションのドラマや映画では叶わない、リアルな生がそこにあるのです。


ガン治療に最も効果的な食事法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。