肝臓がんの名医が見つかったら

ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がんの名医を見つけることができたら、まずは以前の診断書などを提出した上で、改めて診察を受けなおすことをお勧めします。
なぜなら、以前の医師の診断結果が適正であるかどうかということの保障がないからです。
たとえ以前は手術を薦めらていても、よりふさわしい治療法があるかもしれません。

医療技術は日々進歩しています。
しかし、そのすべてを把握している医師など存在しません。
それぞれに得意分野、不得意分野もあります。
かつての治療方針が正しいかどうかということを確認するところから始めないと、大前提が間違っているということになりかねません。

大局観を持った戦略が合っていないと、いくら小手先の戦術を工夫したところで修正は効きません。
肝臓がんの名医がせっかく見つかったなら、まずは根幹となる戦略、すなわち今後の治療方針から再検討しましょう。

もっとも、これまでにどんな診断を受け、どのような薬を投与されたかという経緯は報告が必要です。
すべてを秘密にしておくということではなく、必要な情報を肝臓がんの名医に与え、その上で判断を委ねるという姿勢を持ちましょう。
相手も今まで多くの患者と接してきたプロの中のプロです。
他の病院で治療を受けていたからといって、それで見放したりはしません。

逆にそんな度量の小さい医師になど世話になるべきではないのです。
よその病院では治らないからここに来た、その前提でも、自分にまかせてほしいと胸を張る気概があってこその肝臓がんの名医です。
専門分野に誰よりも自信と誇りを持っているからこその、器の大きさが自然に身に着いてきていることでしょう。

複数の病院で診断を受けることは、悪いことではありません。
患者のことを第一に考える肝臓がんの名医であれば、むしろセカンドオピニオンを推奨することもあります。
なぜなら、そのことにより患者の信頼感や安心感が高まり、納得の上で闘病生活に入ることができるからです。

人間の心と身体は連動しています。
不安で疑心暗鬼になっていたのでは、治る病気も治りません。
最近では、笑いの治癒に対する貢献というものも注目を通り越し、通説となりつつあります。
当然、肝臓がんの名医に対して信用を持ち、きっと病気が好転するという希望をもつことができれば、完治や快方に近づく可能性が高まります。

そういった事情を無視して、かたくなに他の医療機関でのセカンドオピニオンを拒む医師には要注意です。
自分に自信がないため、他の病院に患者が流れてしまうことを恐れ、患者の利益よりも自己保身を優先している可能性があります。
もはや肝臓がんの名医とはかけ離れた態度です。
患者を軽視した医師や病院に、たった一つしかない命を預けたいと思うでしょうか?

しかし、医者という国家資格に守られた独占事業に甘え、これまで患者の満足度などまるで気にかけたことのなかった医師が日本には多数存在します。
通常の企業のような顧客思考ではなく、先生と呼ばれる自分の地位に甘んじてしまっているような医師は、肝臓がんの名医としての資格を放棄したも同然です。
先生と権威付けをされて調子に乗るような人間が、世界で一流になれるかどうか、考えてみればわかることです。

冷静に達観すれば明らかなことですが、当の本人達の中には、自分が偉いと勘違いをして、腕に磨きをかけることも怠り、いい加減な診療を繰り返しているだけの医師も存在します。
日進月歩の医療の世界で、進化を続けるためにはたゆまない努力が必要です。
それができてこそ、肝臓がんの名医になりえるのです。

そのためには、患者や病気に対して真摯な姿勢で臨むことが必須の条件となります。
当然、先生という呼称にすがるような無様な生き方はしません。
それが肝臓がんの名医なのです。

まずはそんな肝臓がんの名医に今後の治療方針として、どのようなことを望むのかを伝えた上で、良い方法がないか相談しましょう。
あなたの人生観や生き方次第で、最善の方法というのは異なってきます。
万人向けのやりかたというのも、もちろん存在しているわけですが、せっかくなら自分に最適な治療方法にこしたことはありません。

もしかしたら、抗がん剤の副作用などのリスクを抑えて効果を得られる方法が見つかるかもしれません。
医師に高い技術を求めるような治療法であったり、最先端医療技術でまだ一般的に広まっていないために、実用レベルに普及していないものもあります。
しかし、そのような治療方法の中にも、肝臓がんの名医なら大きな効果を持たせることができる場合があります。

闘病生活は一筋縄では行きません。
このやり方で完治が間違いないなどということはありえません。
だからこそ、試行錯誤の中で患者個人に最適な治癒の方法を模索することが医師の責務になります。
いかにその責任をまっとうするかというのが、肝臓がんの名医か、並みの医師かの境目でもあります。

一度決めたことをかたくなに変えないという姿勢は考えものです。
頭が固くなりすぎているのか、あるいは新しい治療方針に切り替えるのが、ただ単に面倒なだけで手間を省いているという恐れがあります。
そんな肝臓がんの名医とはかけ離れた医師とは1日も早く別れて、自分の病気のことを真剣に考えてくれる病院を探しましょう。

ガン治療に最も効果的な食事法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60452870

この記事へのトラックバック


Excerpt: 医療資格医療資格一覧|医療資格に関する項目の一覧。
Weblog: 医療資格.com
Tracked: 2007-11-11 06:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。