肝臓がんの転移

ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がんの転移は、告知を受けた患者としてはもっとも危惧するところです。
それを防ぐための方策は必ず取っておかなくてはなりません。
まだ間に合ううちに対策を怠って、手遅れになってから後悔しても手遅れです。

早めに行動を起こすことは、生活の中ではなかなか口で言うほど一筋縄ではいかないものです。
しかし、ここは人生のいざという場面です。
肝臓がんが転移して手の施しようがなくなる前に、しっかりと治療を行いましょう。

たとえ完治することが難しいところまで進行してしまったとしても、他の部位への進行までしてしまっては、収拾がつかなくなります。
抗がん剤や手術など、副作用を伴う治療法ですら、万能ではありません。
体中に肝臓がんが転移してしまった後では、名医や権威と呼ばれる医師ですらなすすべなく処置のしようがないこともあります。

そうならないうちに、早めの対策を練っておくことが、何より大切になってきます。
早期発見は、延命や完治の重要な要件ですが、せっかく発見しても、そのまま放置しておいたのではまったく無意味です。
初期段階でさまざまな治療方法の効果、副作用を検討して、肝臓がんが転移する前に治療を開始することが大切です。

医療技術は日々進化しています。
昨日では救えなかった命が助けられるようになったりもします。
それでも、転移の激しい肝臓がんとなると、いまだに難病に間違いありません。

いざ死期が迫ってくると、過去を悔いるものです。
生活習慣をもっと改善することもできたし、もっと早く治療に専念することもできたと、もはや叶わない夢を追って延命を望むのです。
だからこそ、肝臓がんが転移して手遅れになる前に、手を打っておくことが必要なのです。

後悔先に立たずの諺どおり、誰しも毎日の生活に追われて、先のことまではなかなか手がまわらないのは現実です。
それはスピードを求められる現代社会に生きるものとして定められた宿命かもしれません。
しかし、転移した肝臓がんで命を落とすことになるのは、他ならぬあなたや、あなたの大切な人なのです。

決断は想像以上に困難なことがしばしばです。
確かに、予期せぬ病気に対して冷静に情報を収集し、それに基づいた合理的な判断を下すことは容易ではありません。
しかし、もはやどうにもならないところまで肝臓がんの転移が進んでしまう前に、どうにかしなくてはなりません。
人生は一度きりなのですから、やりすぎなことはありません。

チャンスは一度、次がない以上は全力で身体を健康な状態に保つことが大切です。
手術や抗がん剤に治療ももちろんですが、もっとも効果的なのは予防です。
初期段階で進行を止めることが出来れば、肝臓がんの転移を防げる可能性も高まるのです。

名医といえども、けっして万能ではありません。
その病気を研究し、名医や権威と呼ばれる地位にまで上り詰めた医師でさえ、手遅れと見放すケースはあります。
転移で肝臓がんが拡散されてしまう前に、どうにか治療をしてしまわなければなりません。

自覚症状がないと、入院はおろか、通院すらも面倒なのが人の感情です。
確かに病院通いには喜びが見出しずらいものですし、できれば避けたいところでしょう。
しかし、それが肝臓がんが転移して寿命が尽きる頃にもなれば、考えは一変します。

人間は感情的で理性を持った生き物だからこそ、先見性が必要です。
それが欠如していたために、もはや医師もさじを投げてから健康食品に頼ってみたり、怪しい通信販売にだまされたりしてしまうのです。
生に対する執着が、動物としての本能なのは否定できません。

だからこそ、自分の命の重さを普段から意識しておくことが求められているのです。
人生が脆くかけがえのないことであることが、心から理解できているのであれば、病気を告知された段階で、自分に何ができるかを必死で探るはずです。
肝臓がんが転移する前に動き出せるかどうかは、結局のところ本人次第です。
名医が手助けをすることは出来ても、患者の代わりにはなりません。

厳しい現実ですが、最期の最後は甘えが許されないのです。
もちろん、家族の励ましが力になったり、友人の言葉に力づけられたりすることもあります。
ただし、闘病生活を送るのは、患者本人なのです。

肝臓がんの転移が進む前に、病気を食い止められるかどうか、それは患者プラス他の人という構図になります。
試合中のボクサー同様、セコンドやトレーナーが手助けをすることはできても、代わりに戦うことはできません。
いくら苦しくても、どれだけ心強い言葉をラウンドの合間にかけてもらえるとしても、リングに立っていられるかどうかは自分次第です。

治療法ももちろん大切ですが、最後は自分の生命力にかかってくることも少なくありません。
生きたいと願う希望の深さが、延命の重要な要素になります。
気力を失うことで肝臓がんの転移が進み、もはやどうにもならないところまで病状が進行してしまうこともあるのです。

最後まで希望を失ってはいけません。
自分が残りの人生で何をしたいか、何ができるのかという問いを自らにかけてみましょう。
家族や知人に残したいこともあるかもしれません。
忘れている夢があるかもしれません。
それを叶えるための期限が出来たと思えばがんばることもできるはずです。

ガン治療に最も効果的な食事法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。