肝臓がん患者の希望

ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん患者の希望と言えば、何はさておき完治でしょう。
病気を告知されて落ち込む気持ちを抱くのは当然のことです。
肝臓がんが治ればと希望的観測を持つのはおかしなことではありません。

人間なら当たり前の欲求であり、たとえ完治が不可能なところまで病状が進行しているとしても、その願いは当然のものです。
無謀であったとしても、恥じることなどありません。
世界は広いのです。名医もいれば、最新の治療法が日夜研究され、新薬も開発されています。

いくら難病であっても、それが永遠に不治の病でなどありえないのです。
肝臓がん患者は希望を捨ててはいけません。
諦めたら終わりだという事実を忘れないでください。

生まれてきてからこれまで、どれだけの困難に出会ってきたことでしょう。
生命を危うくするような経験は初めてかもしれませんが、少なくとも、これまで何の試練も越えないで生きてきたわけではないでしょう。
希望を持って望むことで、肝臓がんの名医が見つかって完治に結びついたり、当初の診断より延命に成功し、病院のベッドの上ではなく、自力歩行で生きていられる時間が長くなることもあります。

もうだめだと悟ってしまったら、その先へは一歩を踏み出すことは出来ません。
もともと、生物は行き続けたい、手を保存したいという願いを持っているものです。
病気に死を意識させられたとき、是が非でも行きたいと願うのは、動物として不可欠の本能です。
肝臓がんになっても、希望は捨てないでください。

たとえ今日は何の光も射していなくても、明日発表される新薬の抗がん剤があなたを救ってくれるかもしれません。
名医の出現により、状況は一変するかもしれません。
これらは、十分に実現する可能性があるものです。
それを、ただの絵空事と軽んじるべきではありません。

希望が肝臓がんを完治させてくれることもあるのです。
困難の中にあって、それでも前を見て歩きつづけることは容易ではありません。
精神的にタフであっても、葛藤はあるものです。
生命の危険にさらされているとなれば、なおさらです。

それでも、あなたは1人ではありません。
数多くの闘病記を読んでいても、それは実感できるはずです。
闘病記に描かれている苦悩の歴史を知り、肝臓がんに希望を見出す人も少なくありません。
気分が塞いでしまったときには、同じ病気を持つ患者がどのような闘病生活を送ってきたかは、大いに参考になるでしょう。

ガン治療に最も効果的な食事法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。