成功する肝臓がんの手術

ガン治療に最も効果的な食事法

名医の手術で肝臓がんを完治させることができれば、自分の身体にメスを入れるというリスクを背負う甲斐もあります。
成功が必ずしも約束されていなくても、他の選択肢との比較の中で、肝臓がんの手術に踏み切ることになる場合もあるでしょう。
どちらにしても、ほとんどの場合において、やはり大きな不安が伴うものです。

もし失敗したら、麻酔をかけられてまま意識が戻らないこともあるかもしれない。
そんな恐怖を抱くのは、人間である以上、当然のことです。
担当医が名医であるという確信があれば、まだ諦めもつきますが、ただ近所の病院だったという程度の理由で執刀医が決定していたのならば、いざという時に納得できないことも出てくるでしょう。

せっかくなら、名医に肝臓がんの手術を行ってほしいものです。
どんな仕事も、ただその職業に就いているだけの人より、超一流と呼ばれる名人の方が卓越しているものです。
自分の命を預けるなら、やはり凄腕のプロに任せたいというのは、人の子として自然な希望です。

流れる雲のように自然に身を任せて病気を放置するのか、抗がん剤の副作用を心配しつつも服用するのか、あるいは手術で肝臓がん完治を目指すのか、それは患者自身が見極めなくてはならないことです。
人生の決定権を、赤の他人に委ねることは避けなければなりません。

生活は終わりが見えてきたとき、とてもいとおしいものに変わります。
その残された時間を、あえて体に手を加えないという選択もあるでしょう。
積極的に闘病生活を送るために、肝臓がんを手術で完治させるという可能性に賭けると言うのも人生です。

共通しているのは、その裏に患者の生活がかかっているということです。
お金では買えないかけがえのないものを、誰しも内面に抱えています。
その火を絶やしてしまってもよいのでしょうか?

まだ名医による肝臓がん手術で完治や延命の余地があるのであれば、その可能性は見逃したくはないものです。
若い頃は、病気などどこ吹く風で、健康など当たり前の暮らしでした。
それが病院で宣告を受けた途端、一変するのですから、人生はわかりません。
昨日までは順風満帆でも、明日にはどん底になっているのかもしれないのです。

それでも、生きたいと願う切実な思いは、古代より生命が長年にわたって培ってきた本能です。
動物も植物もみな、生き長らえたいのです。
そのため、肝臓がんの手術も日々進化しています。

医師は研鑚を積み、権威とよばれるような研究者は、よりリスクが少なくて成功率の高い方法を模索します。
いつか見た穏やかな夜空の月や、散る姿も美しい桜を、同じ心持ちで眺めることができる日はくるのでしょうか?
病気から解放されたい、今はただ、その思いだけです。

ガン治療に最も効果的な食事法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。